佐賀市で外壁塗装業者を探している方必見!おすすめの業者をランキング形式でご紹介!

外壁のコケやカビは早めに除去しよう!汚れの原因や対処法は?

公開日:2022/12/15


外壁にコケやカビが生えたところで大した問題はないと思ってはいませんか。それは大きな勘違いであり、早めに除去しなければ修繕に多額の費用がかかるかもしれません。本記事ではコケやカビの危険性の解説とともに、発生する原因と対処法についても解説します。お住まいの家にコケやカビが生えているという方は、ぜひご一読ください。

外壁の汚れをそのままにしておくと家が傷む?

家は時間の経過とともに劣化が進んでいくため「昔と比べて汚れたな」と感じるのは仕方のないことです。ただし、それが本当に単なる汚れであれば外壁を傷めるほどの影響はありませんが、実はコケやカビだったという場合は話が変わります。カビは外壁のさらされている環境の悪さを示すものであり、コケは直接的に外壁を傷めるものです。コケによって外壁が損傷するメカニズムを確認しておきましょう。

水分による外壁の腐食

コケは仮根という植物の根のような部分で壁に張り付きます。コケが吸収した水が仮根を経由して外壁の内部に染み込むことで、外壁の内部の損傷が進みます。このため、外壁に張り付いたコケを放置していると外壁材が腐食していき、最終的には剥がれ落ちる場合もあるのです。外壁にカビが生えている場合、その外壁はコケが生えやすい環境にあるといえます。

中性化による鉄筋の腐食

中性化とは、強アルカリ性のコンクリートに二酸化炭素が侵入することで発生する劣化現象のことです。中性化はコンクリートが本来的に抱えている問題であり、自動車の排気ガスや酸性雨による影響も受けますが、この中性化を促進するのがコケです。中性化が進むとコンクリートの中にある鉄筋が腐食し、腐食にともなう鉄筋の膨張でコンクリートのひび割れや剥離が発生して家に大きな損傷を与えてしまいます。コンクリートにカビが生えている場合も注意が必要です。カビは強アルカリ性の環境では生息できない性質があるため、コンクリートにカビが生えていること自体が中性化の進行を示しています。

カビやコケが発生する原因とは

カビやコケを防ぐには、まず発生原因を断つことが重要です。カビやコケが発生する一番の原因は湿気です。下記の環境に該当する場合は注意が必要でしょう。

日当たりが悪い

日当たりの悪いと外壁が乾燥しにくくなります。とくに、どの家でも北面の壁は日当たりが悪い場合が多いため要注意です。

風通しが悪い

風通しが悪い場合も外壁が乾燥しにくくなります。

周辺に田畑や林がある

家の周辺に田畑や林があると、湿気だけでなくカビやコケの繁殖に必要な栄養分も豊富なため発生しやすくなります。

外壁に凹凸が多い

外壁が平面であれば水分が簡単に流れ落ちますが、凹凸が多いとへこんだ部分に水分が残りやすく、外壁の乾燥を妨げます。

カビやコケをきれいに掃除するには

カビやコケの危険性が理解できたら、自宅のカビやコケを取り除きたくなるでしょう。高所に発生している場合や大量に発生している場合は外壁塗装業者などに依頼することをおすすめしますが、手が届く範囲でそこまで大量でない場合は各家庭でも掃除できます。カビやコケの掃除の際は、次の点に注意しましょう。

コーティングされている外壁は柔らかいスポンジで軽くふき取る

防水加工などのコーティングがされている外壁を掃除する場合は、柔らかいスポンジを用意して軽くふき取りましょう。スポンジを水に濡らすだけでカビやコケが取れればよいですが、そうでない場合は外壁用の専用洗剤を使用して掃除しましょう。力を入れてこすったり、高圧洗浄をしたりすると、塗膜が剥がれて逆に外壁を傷めてしまうため厳禁です。一時的に見た目がきれいになっても、外壁が水を弾かなくなると湿度が上がるため、余計にカビやコケを誘発してしまいます。なお、外壁塗装の際は高圧洗浄で汚れを徹底的に落としてから塗装するのが一般的です。

コーティングのない外壁は高圧洗浄

コーティングのない場合としては、コンクリートの外壁や塀などが該当します。コーティングされていなければ塗膜が剥がれる心配をする必要はないので、遠慮なく高圧洗浄ができます。掃除にかかる労力も掃除後の仕上がりも高圧洗浄が断然上なので、高圧洗浄機を持っている場合は活用するとよいでしょう。

塗装でカビ・コケが発生しにくい環境を作ろう

カビやコケが繁殖しやすい条件がそろっていたとしても、家は動かせるものではないため基本的に周囲の条件を変えることはできません。しかし、外壁塗装によって外壁自体をカビやコケが発生しにくい状態に変えることはできます。カビ・コケ予防につながる外壁塗装としておすすめするのは、ツヤあり塗料と光触媒塗料による塗装です。

撥水性を上げるツヤあり塗料

外壁塗料にはツヤありとツヤなしがあり、仕上がりの光沢に違いが出ます。カビ・コケ予防にツヤあり塗料がよい理由は、ツヤあり塗料は表面が滑らかな仕上がりになるため撥水性が高くなり、外壁の乾燥を早める効果があるためです。ツヤなし塗料は表面に凹凸があるため、水分や汚れがたまりやすく、カビやコケの予防には向きません。

セルフクリーニング効果を持つ光触媒塗料

光触媒塗料は、塗料に含まれている酸化チタンが太陽光に反応し、外壁に付着した汚れを分解します。分解した汚れを雨水で洗い流すため、光触媒塗料を塗装すると放っておいても外壁をきれいに保ってくれるのです。ただし、光触媒塗料が充分な効果を発揮するには一定の条件がそろっている必要があります。施工費用も高くなるため、事前によく確認しましょう。

まとめ

コケやカビの危険性および発生する原因と対処法に関する解説でした。外壁に発生したカビやコケを放っておくと、深刻な損傷が発生して修繕に大きな費用が必要になるかもしれません。広く繁殖する前であればメンテナンスの労力も小さく済むので、時には家をぐるっと見て回って様子を確認してみましょう。すでに外壁が傷んでいる場合やコケやカビがあまりにひどい場合は、外壁塗装を検討してはいかがでしょうか。

【佐賀市】おすすめの外壁塗装業者ランキングTOP5!

イメージ1
2
3
4
5
会社名エグチ建装住輝プランナーVEシステムズ信栄商会アップルリフォーム
おすすめポイント地元に根差しているからこそ軽いフットワークで対応が可能!自社の職人による直接施工を受けたいならココ塗料にはプレミアム無機ハイブリッド塗料を使用!耐久性の高さに自信あり塗装工事専門店のため中間マージンが発生なし!余分な費用を抑えられるペイント工房が母体!塗り替え専門店の本格的な施工を実施契約から施工・アフターまですべて職人だけで運営する地元の職人直営専門店!塗装職人による丁寧なサポートが受けられる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧